おきがる!ぐ〜たらオンナの冷え性対策!

ここでは重度の冷え性KOMOが、冷え性と気軽につきあう方法を模索しています。

2010.11.21 Sunday 15:24
同じカテゴリの記事一覧を見る
:体の部位別冷え性対策

足先の冷え性対策(5)寝る前の足冷え対策

冬場、足が冷えていると、夜、寝付きにくくなりますよね。布団に入ってもなかなか足先があたたまってくれません。

電気毛布を使っても、湯たんぽを使っても、靴下を履いても、足先が氷のように冷たくて、目がどんどん冴えてきてしまう。

今回はそんな時の対策を考えてみました。

寝る前の足冷え対策

お風呂に入って全身をあたためる
そんなことわかってるよ!
と言われそうですが、一番効果があるのは、やはり入浴ではないでしょうか。

足先が冷えきってあたたまらないときは、全身が冷えていることが多くないですか?
足先だけをピンポイントであたためるのではなく、全身をあたためることで、血流もよくなり、リラックスしてぐっすり眠ることができます。

お湯を沸かす時間等かかりますが、足が冷えている時はなかなか寝付けないので、布団のなかで寒い思いをしながら耐えるくらいなら、思い切って入浴してしまいましょう。ただし、シャワーだけではあたたまらないので、湯船にしっかりつかることがポイントです。

足湯で足先をあたためる
お風呂に入ればいいのはわかるけど、もうお湯を落としてしまったから、何度も沸かすのはもったいない・・・なんていうときは、足湯がおすすめ。

<足湯の手順>
1)両足が入るサイズのバケツに、少しだけ熱めに感じる程度のお湯を入れます。
 (40度程度がオススメ)お湯の量は、くるぶしがつかるくらいです。
2)バケツの前に椅子を置き、椅子に座ったまま両足をバケツに入れましょう。
3)15分〜20分程度足をつけておきますが、冬場はすぐにお湯がぬるくなってしまうので、途中で差し湯をするなどの工夫すると快適です。
4)足湯を終えるときに冷水を足にかけると、保温効果が高まります。
5)あたたまった足をキレイにタオルで拭き、ゆるめの靴下を履きましょう。

足があたたまってくると、全身の血行がよくなってきて、身体がぽかぽかしてきます。足湯をしたら、足があたたかいうちに布団に入りましょう。

足もとの環境を見直す
時間が遅くてお風呂にはいるのも、足湯をするのもちょっと・・・というときは、ダメでもともと。もう1度、足もとの環境を見なおしてみましょう。
意外に見落としているものがあるかもしれませんよ。

◎足もとがスカスカするときは・・・
足もとにもう一枚、毛布やブランケットをかけて、布団の隙間から冷気が入り込んでいないか確認しましょう。

◎靴下をチェック
素足で寝ている人は、緩めの靴下を履いてみましょう。すでに履いているという人は、その靴下が足を締め付けすぎていないか確認してみましょう。

◎足全体が冷えているときは
ゆるめのスパッツや、大きめ(しめつけない)のレギンスを履いて、体温を外部に逃がさないようにしましょう。
※日常的に利用するのはおすすめできません。特に冷えた日のみ、限定的に利用しましょう。

◎最後はやっぱり湯たんぽであたためる
足が冷え切っているときは、自力ではなかなかあたたかくなりません。
湯たんぽで足もとをあたためたり、足もとだけ、電気毛布を利用すると、足の冷えが取れやすくなります。

フットケア系機器であたためる
お風呂も足湯も湯たんぽもあたりまえすぎる! あたためるだけじゃなく、便利そうなものはないの!? ・・・というときによさそうなのが、フットケア系です。

◎フットバブ
アルインコ MCR7800 フットバブライム

自分で適温のお湯を入れて電源を入れると、気泡がでたり足裏ケアしたりできるフットバスです。
立ち仕事に従事している方などは、あたためと足のケアが同時にできると嬉しいのではないでしょうか。(お湯を沸かすのが手間ですけど、お湯がさめにくい保温機能つきなのは嬉しいですね)

◎スチームフットスパ
少しお値段ははりますが、かなりよさそうなのが、この↓フットスパです!
パナソニック スチームフットスパ EH2861P-A

足先からふくらはぎまでを、コップ一杯分の水であたためてくれます。
スチームであたためてくれるので、カサカサの乾燥肌にもよさそうですね。
蒸気でのあたためを手軽にできそうなのが魅力です。

羽振りがいい時なら、きっと買ってましたね・・・(^^;
(今、羽振り悪いときなので(涙))

スチームフットスパ(遠赤外線ヒーター付)
遠赤外線ヒーター付きの、こんなものもあるみたいです。

蒸気といえば、こんな商品もあったのですが・・・
スチーム足湯

どうやら販売終了してしまった模様(たぶん。メーカーサイトに掲載されてないので)。
KOMO自身は、使ってみたいと思いつつ、お風呂のほうが好きだったので買わずじまいでしたが、かなりそそられる商品でした。
復活してくれないかなぁ・・・。
(簡単そうなのがいいんです)

眠る前にオススメ1

就寝時の足冷えには、外部からの"あたため"が一番効果的(早く効果がでる)ですが、前述のように、足先が冷えきっている時は体全体が冷えていることが多いようです。

そこで、おすすめなのが、眠る前のホットドリンク。
あたたかい飲み物は、飲めば内側から身体をあたため、キモチをリラックスさせてくれます。

個人的にイチオシなのは"ホットミルク+黒糖"の組み合わせ。
暖かいミルクは眠る前に飲むと"寝付きやすい"と言われています。そこに、ほんのり甘みをつけてくれる黒糖をプラスすることで、キモチもほっこりしてきます。

(冷え性的に言えば、黒砂糖は白砂糖に比べるとカラダを冷やしにくいと言われているので、甘みが欲しい時にオススメです。ミネラルも豊富に含まれていますし、なにより黒糖の色がミルクに混ざるとリッチな感じがして気に入ってます)

眠る前にオススメ2

せっかく足をあたためても、布団の中が冷えきっていると一気に目が覚めてしまいます。それを防ぐためには、湯たんぽを就寝の10分前くらいに布団の中に入れておきましょう。

また、締め付けすぎる靴下も厳禁です。
締め付けで血行が悪くなり、すぐに足が冷えてしまいます。
就寝時は素足か、ゴムなしの靴下や、ゆるめの靴下を履くように心がけましょう。

とはいえ

冷えきる前に、冷やさないようにすることが大事ですね(^^;
冷えきってしまうと、足先は心臓から一番遠いところにあるので、なかなかあたたかくなってくれません。
就寝前は、足もとが冷えすぎないよう心がけたいですね。

ハイソックスあったか2重編み


==================================
足先の冷え性対策(1)あなたの冷えはどのタイプ?
足先の冷え性対策(2)自分で出来るあたため方
足先の冷え性対策(3)足先用冷え対策グッズ
足先の冷え性対策(4)足先用冷え対策グッズ2
足先の冷え性対策(5)就寝時の足冷え対策
体の部位別冷え性対策
==================================
| KOMO | 体の部位別冷え性対策 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://okigaru.jugem.jp/trackback/948

個人的におすすめ

体の部位別冷え性対策

サイト内検索

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

月別アーカイブ