おきがる!ぐ〜たらオンナの冷え性対策!

ここでは重度の冷え性KOMOが、冷え性と気軽につきあう方法を模索しています。

2016.07.17 Sunday 15:24
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性日記

ものすごく適当でもできちゃう、黒糖しょうがシロップの作り方

先日、母が「新しょうが、業務スーパーで安かったから買ってきてあげたよ♪」と言って、新しょうがを買ってきたので、今年も黒糖ハチミツしょうがシロップをつくりました。

(本当は小忙しくて作る気分じゃなかったんですが、母の心からの善意を目の前にしたら「いや、今年は作らないし」って言えなかった…(^_^;)

で、できたのがコレ!



毎年作っていますが、最近ではめんどうなので分量とか量らず、適当につくっています。
(今年は黒砂糖の量が少し少なかったかな…。)

ということで、
『ものすごく適当でもできちゃう、黒糖しょうがシロップの作り方』でも載せておこうと思います。

<材料>
◎新しょうが…あるだけ
◎ハチミツ…そこそこたっぷり
◎黒砂糖…大きめのスプーンに3〜5杯くらい(適当)

<作り方>
(1)新しょうがについている泥を綺麗に洗い流し、傷んでいる部分を切り落とす。
(2)新しょうがをスライサーでスライスする(手をすらないように気をつけましょう)。
(3)スライスした新しょうがをさっと水洗いして水を切る(こまかい屑を洗い流す)。
(4)(3)を鍋に入れる。
(5)(4)の上から、ハチミツをドバドバ入れる(最低でも新しょうが全体にかぶるくらいは必要)。
(6)黒砂糖を入れる。
(7)ガスの火をつけ、スプーン等でかき混ぜながら中火でグツグツ煮る。
(8)煮立ってきたら、少し火を弱めてスプーンなどで定期的に混ぜる。
(9)途中で2〜3回、灰汁とりをする。
(10)15分〜25分程度煮て、新しょうがが少し"しんなり"してきたら火を止める。
(11)熱いうちに煮沸した瓶につめてフタをすればできあがり。

分量を量らなくてもハチミツを多めに入れれば、そこそこのものができあがります。
ハチミツをケチると水っぽくなって長期保存に向かないので、ケチらずたっぷり入れるのが上手く作るコツです。

できたシロップを炭酸で割ると、ものすごく美味しいのでオススメです。

| KOMO | 冷え性日記 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://okigaru.jugem.jp/trackback/1340

個人的におすすめ

体の部位別冷え性対策

サイト内検索

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

月別アーカイブ