おきがる!ぐ〜たらオンナの冷え性対策!

ここでは重度の冷え性KOMOが、冷え性と気軽につきあう方法を模索しています。

2010.02.25 Thursday 22:13
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性について
| KOMO | 冷え性について | comments(0) | trackbacks(0) |
2009.12.27 Sunday 13:08
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性について

冷え性とサプリメント(改)=1=

冷え性に効果があると言われているサプリメントや健康食品にどんなものがあるのか、3年以上前に書いているのですが、いろいろあって書き直したくなったので、あらためてまとめ直してみました。

※いろんなものが入り乱れていますが、その辺はざっくばらんに集めたということで、大目に見てもらえればと思います。

続きを読む >>
| KOMO | 冷え性について | comments(0) | trackbacks(0) |
2009.10.27 Tuesday 18:34
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性について

冷え性と下痢(番外編)

「冷え性と下痢」というテーマでいろいろ調べてみましたが、なんとなく、個人的にすっきりしない部分が残っているので、少し考えてみました。

どのあたりがすっきりしないのかというと、消化不良やストレス以外にも冷えから下痢になる原因ってあるんじゃないかと思って。

ちょっと冷える日、だけど体調は悪くない。
朝起きて普通に出勤する途中、電車の中で急にお腹が冷えてグルグル・・・。
でも降りる駅はずっと先。仕方なく途中下車。
うう〜ツライ。

っていうのを何度となく経験しているKOMO。
これって冷えによる消化不良とは少し違う気がします。
会社に行くのにストレスを感じて・・・というわけでもない。
なんでだろう? やっぱり消化不良かな?

考えた末に到達した結論は「普通にやってくるお通じなんじゃないの?」でした。

便意を感じるタイミング

KOMOは昔から便秘がちでした。一日一回なんて、めったにありません。
一週間お通じがない、なんてことは普通です。

その場合、常に腸には一定量の便が溜まっていると考えていいでしょう。
そこへ、毎朝、規則正しく朝食を食べ、規則正しく出勤すると・・・。

おそらく、腸のぜんどう運動が通勤中に起きてしまうという状況だったのではないかと思っています。腸のぜんどう運動というのは、腸が便を押し出す為に収縮を繰り返す運動なのですが、電車の中でそれが始まれば、当然便意を感じるはずです。
でも、家じゃないので気が張っているため、無意識に我慢してしまいます。
すると、腸のぜんどう運動が活発になってきて、しだいに痛みを伴うようになります。

で、これからはKOMOの完全な推測です。

痛みを感じるところまでくると、多分神経が過敏になってきて、通常気にならない程度の「冷え」も敏感に感じてしまうのではないでしょうか。
痛みが強くなれば冷や汗もかきますから、よけいに冷えを感じるのかも。
当然、便意も強くなるので、腹部の痛みと合わせて下痢と錯覚してしまうのかもしれません。

つまり、下痢ではなく、普通のお通じなんじゃないかと・・・(^^;

通勤途中の下痢。意外に、そういうオチかもしれません。
KOMOと同じように便秘気味だという方は、一度、自分の体質と向き合ってみるのも大切かもしれませんね。

==============================
冷え性と下痢(1)・・・下痢とは?下痢の原因について
冷え性と下痢(2)・・・消化不良による下痢とその対策
冷え性と下痢(3)・・・ストレスからくる下痢について
==============================
| KOMO | 冷え性について | comments(0) | trackbacks(0) |
2009.10.23 Friday 16:25
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性について

冷え性と下痢(3)ストレスからくる下痢

今回は「ストレスからくる下痢」について調べてみました。

強いストレスを感じると、すぐに下痢になる人が増えていると言われています。
かくいうKOMOも、以前は仕事の打ち合わせで客先に行く時など、お腹が痛くなって慌ててトイレに行くのに何も出ない・・・なんてことの繰り返しで、整腸剤が手放せませんでした。

このような症状は過敏性腸症候群と呼ばれていて、会社への通勤中、会議前、外出時など、ストレスを強く感じるときに起きると言われています。いつも下痢になりやすいのに、休日には下痢になりにくい、といった特徴もあります。

冷え性とはあまり関係がなさそうですが、ストレスがたまりすぎると自律神経の乱れを招いて、体が冷えると言われています。
なので、「ストレスからくる下痢」も、少し近いところにあるような気がします。

過敏性腸症候群って?

過敏性腸症候群は、特に身体的には疾患がないのに、下痢や腸の張り(ガス)などの症状が起こります。
ストレスが引き金となる場合が多いのですが、仕事などのストレスだけでなく、
「お腹が痛いけど人目が気になってトイレに行けない」
「この前の会議のとき下痢になってしまったけど、また下痢になったらどうしよう」
・・・などの不安が影響している場合もあります。

そのため、発症するのは、どちらかというと真面目で神経質、几帳面なタイプや、人目が気になるタイプが多いようです。

対処方法は?

具体的にはどうすればいいのでしょうか?
手っ取り早い方法としては、ストレスの元となる原因を取り除けば解決します。
職場環境に問題がある場合、仕事を辞めたら下痢も起こらなくなったということはよくあるようです。
自分的に"重い"仕事や"面倒"な人間関係が原因なら、それらがクリアになればストレスから解放されて下痢症状も治まります。

KOMO自身、以前の職場で働いている時は胃腸薬や整腸剤をよく飲んでいましたが、辞めてからはほとんど飲んでいないし、飲まなくても大丈夫になりました。

・・・といっても、誰しもストレスから容易に解放されるとは限りません。職場環境などが原因だった場合、そう簡単に問題を解消することなどできないのが現実です。

となれば、ストレスと上手につき合って行くしかないですよね。

ストレスとのつき合い方

◎どうにもならないことを、くよくよ考えすぎない。
◎自分の思い通りにならないことは誰にでもあることを理解する。
◎他人と自分を比較して報われていないという考え方をやめる。
◎世の中には気の合わない人、考え方が違う人がいることを理解する。
◎ありのままの自分を受け入れる。
◎できない自分を責めない。
◎規則正しい生活を心がける。
◎趣味や興味の有る分野を広げる。
◎信頼できる他人に話を聞いてもらう。

などなど。
わかっていても、なかなかできないことが多いですね。
ここにあげたのは一例ですので、自分に合ったつき合い方を見つけてくださいね。

・・・ということで。
今回はさらっと「ストレスからくる下痢」に触れてみました。
もう少しだけ続きます(^^;

==============================
冷え性と下痢(1)・・・下痢とは?下痢の原因について
冷え性と下痢(2)・・・消化不良による下痢とその対策
冷え性と下痢(3)・・・ストレスからくる下痢について
冷え性と下痢(番外編)
==============================
| KOMO | 冷え性について | comments(0) | trackbacks(0) |
2009.10.22 Thursday 18:18
同じカテゴリの記事一覧を見る
:冷え性について

冷え性と下痢(2)消化不良による下痢

前回、下痢ってそもそもなんなのか? とか、下痢の原因として考えられるものについて調べてみました。

中でも冷え性と関連が有りそうなのは「消化不良」によって起こる下痢だったので、
今回はそんな「消化不良」による下痢について調べてみたいと思います。

消化不良による下痢とは


冷えが招くこともある消化不良による下痢。
どのような原因が考えられるのでしょうか?

◎寝冷えや冷房などで体が冷え、腸の消化機能が低下。腸が腸内に残っている未消化物を体外に排出しようとすることから下痢になる。
◎暴飲暴食や胃に負担をかけること(食べ過ぎ、早食い、脂っこいものを食べたとき、冷たい物の飲み過ぎなど)によって起きる消化不良から、腸の機能が低下→下痢になる。
◎胃下垂など、体質的に胃腸が弱く、消化不良になりやすいことから下痢になる。

消化不良とは、おおよそ上記のような原因で腸内での消化が上手くいっていない状態と考えられます。
食べた物が上手く消化されないと腸で吸収されないため、固形物だけでなく水分もまた、吸収されずに排出されてしまいます。そのため、下痢になると食べたものがそのまま出てきたり、便が水っぽくなります。

とっさの下痢対策


さて、そうはいっても、なってしまったら後悔してもどうにもなりません。
外出中やどうしても抜けられない仕事中に下痢になった時、とっさにできることをピックアップしてみました。

<とりあえずツライ下痢症状を鎮める為に>
◎我慢せず、トイレにかけこみ、一旦出す物を出してしまう。
◎下痢の治療薬を服用する。(整腸剤や止瀉薬(ししゃやく)になります)
◎からだが冷えて辛い時は、上着を羽織ったりズボンを履いたり、
 カイロを背中に当てるなどして体をあたためる。
(寒い場所にいるなら、温かい場所に移動する)
◎薬が無く電車などで降りられず、藁をもつかみたい時には神だのみ的にツボ刺激を。
(下痢点という手の甲にあるツボなどがいいようです。後日余力があればまとめてみます)

仕事などでトイレにいけない場合もありますが、下痢も立派な体調不良です。
特に消化不良からくる下痢は我慢できるものではありません。
我慢せず、潔くトイレに行って、事情を話して了承を得る勇気も時には必要ですね。

また、女性は下痢と言いにくい場合があると思います。
そんなときは「生理で吐きそう」なんて嘘をついてみるのもいいのかも。
嘘はいけませんが、こんな嘘ならカワイイものですよね?
あと、トイレの臭い消しをいつも鞄に入れておくと、いざというときに心強いですよ。

※注意点
下痢は本来、体に悪い影響を与える物を速やかに体外へ排出することで、体を正常にもどそうとする、ある意味正常な体の反応です。無理に下痢をとめることは体によけいな負担をかけることになりかねないので注意が必要です。(逆に回復を遅らせることになる可能性もあります)

<下痢症状から少しでも早く回復するために>
◎あたたかい場所で静かに体を休める。
◎冷えている時は、腹部をカイロなどであたためる。
◎すぐに物を食べない。(食べる時はおかゆなど消化のいい物を選ぶ)
◎2倍程度にうすめた、ぬるめのスポーツ飲料を飲んで水分補給する。
(下痢のときは脱水症状になりやすいので適度な水分補給が必要です)

日頃から気をつけたい消化不良による下痢対策


消化不良による下痢になりやすい場合、日頃からどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

◎冷たい飲み物の取り過ぎに注意する。
◎日頃からあたたかい食べ物を食べるようにする。
◎暴飲暴食をひかえ、日頃から消化の良い食べ物をゆっくり食べる。
◎規則正しい生活を心がける。(3食きちんと食べる)
◎体を冷やしすぎない(寝冷えや冷房に注意する)
◎アルコールの飲み過ぎに注意する。
◎便秘にならないよう心がける。(食物繊維の摂取や、運動など)
◎ヨーグルトなどを食べて、善玉菌を増やす。
◎体を冷やしすぎないよう、ゆっくり風呂につかる。

今回は冷え→消化不良→下痢の流れで起こる下痢について調べてみました。
次回は冷えからくるものではないけれど、気になる「ストレスからくる下痢」
についても調べてみたいと思います。

※今回扱っているのは、あくまで消化不良による一過性の下痢についての情報です。
ウィルス性のものや疾患によるものについては病院等でご相談ください。

==============================
冷え性と下痢(1)・・・下痢とは?下痢の原因について
冷え性と下痢(2)・・・消化不良による下痢とその対策
冷え性と下痢(3)・・・ストレスからくる下痢について
==============================
| KOMO | 冷え性について | comments(0) | trackbacks(0) |

個人的におすすめ

体の部位別冷え性対策

サイト内検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

月別アーカイブ